HOPE

新しい年になったと言っても世の中何も変わらない。ただ変わるものは西暦と人々の心境ぐらいなもんだ。しかしこの心境というものが非常に大切じゃぁないかと思う。心機一転という奴だ。人が何かを志したり新しく目標を立てるのに年明じゃなけりゃいけないってことはないが、人は悲しいかな非常に弱い生き物で何かのきっかけがほしいわけだ。思い立ったが吉日なんてことはなかなか難しいわけだ。そんな私も思い立つきっかけを月初めや年始にきっちり求めてしまうタイプである。

言わずもがな今年度の目標の一つにこのBlogを続けることは含まれている。どれ位の頻度で更新できるが分からないが、数値目標を決めるとすれば週1回は必ず更新できればと。昨年の散々たる結果があるのであまり大きな事を言わないでおこう。

今年は自分にとってインプットの年であると認識している。それも人生における最後のゆっくりとインプットできる年であると思っている。来年、いやこのイギリスでの生活が終わればアウトプットに追われながらしかインプットは出来ないと思っている。今年はいかにじっくりとそして幅広くインプットできるかということを最大の主軸として生活していきたい。この歳でじっくりインプットできる環境にあることを感謝しながら貪欲に情報を吸収し身に着けていきたいものである。

世界経済は混沌としたままでありオバマの年頭教書とG20金融サミットだけが希望の年明け、自分の未来にだけは明るい希望を持たせて今年の仕事初めを迎えたいものである。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

Comments RSS TrackBack Identifier URI

コメントする

TrackBack URL :