GOD BLESS U.S.A.

昨日のオバマの就任演説は、世界で好意的に受け取られているようにみえる。残念ながら仕事を終えて家に帰り、TVを見た時には既に演説は終わっており、LIVEで見ることは出来なかったが、その後すぐに動画を探して何回か通して聴いてみた。いい演説だったと思う。感動するとかそこまでではないが。それ以上に日本の首相では残念ながらあんなスピーチはできないだろうなぁと悲しくなった。あのオバマの姿を見て、大勢の少年がアメリカ大統領に、そして政治家に憧れるんだろうなぁと。アメリカがそんな歴史的な一日を送っている日に議会で漢字テストをされる日本の首相も首相だがする方もどうかと思うし、そんな世論雰囲気を作り出したメディアにもため息しかでない。このオバマ氏の演説も実は日本人は日本人なりに日本の立場に置き換えて心して聞くべきなのかもしれない。アメリカ大統領が渾身の演説をしたのだから。まぁ、「うん?」と思う箇所は数箇所ほどあるわけだが。それにしてもオバマ氏はしっかりパワータイを締めてましたな。きれいにキマっておりました。さすがです。

このオバマ氏のアメリカ大統領就任の盛り上がりに反して、アメリカの株価は大きく下げたわけですが。市場はまだまだこれぐらいでは祝福モードにはなれない様子ですね。まぁ当然か。しかもイギリスが体を張ってきたわけですよ。イギリスはRBSが国営化一歩手前の瀕死の状態になったわけで。ポンドがもうだだ下がりです。以前イギリスの閣僚が中国産乳製品の安全性をアピールするために、メディアの前で自ら中国産牛乳を飲んで安全性をアピールした9日後に胆石で入院するという体を張ったネタを披露しただけに、「アメリカ嫌いなイギリス人のいやがらせですね。わかります。」と言わせたいのかと思った。まぁ、月末の一般教書でどのような政策を打ち出すか、またその教書ににどれくらい市場が反応できるのか気になるところですね。

どうでもいいですが、イギリス人はよく、「アメリカ人はすぐGod Bless You. God Bless America. って言う」と文句言ってます。

1 Comment(s)

  1. Comment by 中村太郎 on 28/01/2009 14:39

    Hi ! 元気そうで何より。
    ブックマークしました!

Comments RSS TrackBack Identifier URI

コメントする

TrackBack URL :