PEOPLE’S CAFE

peoplescafe

シャワーを浴びて窓から身を乗り出しタバコに火をつけると一瞬懐かしい匂いがした。少し冷めたコーヒーを飲みながら空に目をやるとゆっくりと雲が流れる青い空がきれいだった。ただ、それは夏のものでも春のものでもなく、まだ春になりきれていない空だった。

一瞬の懐かしい匂いが運んできた記憶はPeople’s Cafeのものだった。サフランシスコのHaight Ashburyにあるcafeを思い出した。流れてきた匂いはただのケチャップとマスタードの混ざったような匂いでしかないのに頭に浮かんだのはあのcafeだった。今目の前にある雑木林の木の匂いとケチャップの匂い、そして休日の昼前という匂いが混ざれば自分の中ではHaight Ashburyになるのだなと驚いた。

この店のバーガーは嫌いではない。この店の自家製のレモネードのほうが好きだがバーガーも悪くない。いや、寧ろ好きな方なのかもしれない。アメリカのくるくる巻いたバネのようなポテトが懐かしいなぁと思いながら、ああ、ここはイギリスの片田舎だったとタバコを消した。

 

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

Comments RSS TrackBack Identifier URI

コメントする

TrackBack URL :