THE WISECHILDREN

Plugin Error in Noembedder
Cannot load URL 'http://www.youtube.com/api2_rest?dev_id=txIjXqjLTVI&method=youtube.videos.get_details&video_id=7vF4IhxAv4k&hl=en&fs=1&rel=0'
Plugin Error in Noembedder
Cannot load URL 'http://www.youtube.com/api2_rest?dev_id=txIjXqjLTVI&method=youtube.videos.get_details&video_id=_sA0b1E0wG8&hl=en&fs=1&rel=0'

The WiseChildren

The WiseChildren(My Space/Twitter).これは凄い。本当に驚いた。久しぶりに心というか魂を本気で揺さぶられた。そしてあんなに心から音に酔いしれられた事が本当に幸せだった。最近偶然ロンドンに居ることが発覚した友人と訪れたセッションには本物の”Soul”が充満し、2人してノックアウトされそうになった。

で、そのThe WiseChildrenとは一体何なのかというと、トップアーティストが集まったクロスオーバーなグループだとしかいいようがない。皆、各々普段は異なるジャンルで様々なアーティストのバックで演奏していたり、コーラスで参加していたりとそんな凄腕の人たちが集まったグループなのだ。少しメンバーを並べてみる。

Cassell The Beatmaker – Drums
Pino Palladino – Bass
Eric Appapoulay – Guitar
Dave Okumu – Guitar
Jason Yarde – Saxophones
Harry Brown – Trombone
Mark Crown – Trumpet
James Yarde – Keyboards, Musical Direction and Production

そして今回のゲストアーティストはこちら。

Michelle Escoffery / Zena Edwards / Marcina Arnold / Kevin Mark Trail/ Aminah / Rachael Bell / Sharlene Hector / Ladonna Harley-Peters / Vula

正直言って、誰一人として知らなかった。ただ、各アーティストの事をGoogle先生に尋ねてみると、「ほぉーなるほどね。この人の後ろでね。」とか「ちょっとこれは凄いんじゃないですか!」というような反応をしてしまう回答が返ってきた次第。まぁ片っ端からMyspaceのリンクを貼ったのでまぁ何人か選んで聞いてみてくださいと。色々今回のセッションの様子を書いてみようかと思ったけど、このセッションを伝えられるような書く技術はないのでやめておくことにした。

今回このセッションを聞いて色々思うところもあるのだが、まだ自分の中でカタチにもなりきって無いので今回はパス。それよりもBlogにこんなんありまっせと書きたかった。このところネタだけは豊富にあるのだが各ネタ重いので消化不良である。
まぁThe WiseChildren、ソウルフルな音楽が好きな方は要チェックだと思いますよと。まぁ言うならばロンドンアンダーグラウンドは面白いということ。ソウルミュージックは素晴らしいということ。もう一度生でみたいということです。ええ。

最後にいくつか映像を。

<p><em>There is embedded content here that you cannot see. Please <a href="http://ryu5.jp/?p=455">open the post in a web browser</a> to see this.</em></p>

<p><em>There is embedded content here that you cannot see. Please <a href="http://ryu5.jp/?p=455">open the post in a web browser</a> to see this.</em></p>

29/08/2009 20:00atSpirit Level – Royal Festival Hall – Southbank Centre
Belvedere Road, London, SE1 8XX

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

Comments RSS TrackBack Identifier URI

コメントする

TrackBack URL :